TRICK STAR NAGOYA

TRICK STAR(トリックスター) のお店

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

TRICKSTAR Ninja250Rネオスタンダードマシン

ネオスタに参戦して

 
 そもそも私がこのクラスに参加したのはもっとレースに参加する人を増やしたいからです。
私が10代のころはプロダクションクラスが沢山あり費用的にも技術的にも参加しやすく
本当に楽しかったのを思い出します。
今は4時間耐久をはじめ主流がST600になっており、
初心者にはとてもハードルが高く
参加者が減る一方になっているのが現状です。
 
このネオスタンダードに参加してみて
改めてレースの楽しみ方を再確認させられた感じがします。
 
それは
 
①使い切れるパワーだから安全に楽しめる
②セッティングに悩まなくてもいい
③初期投資も安くコストが掛からない
④ほぼイコールだから誰でも勝つチャンスがある
⑤交代可能だから仲間同士で協力し合いながら出来る
 
などなど他にも沢山楽しみ方はあり、
今後もレース界並びに2輪界を救う可能性を十分秘めていると思います。
 
是非盛り上がっていって欲しいので、
その為には安全で楽しく正しくレースを行う必要があると思います。
微力ながら私が参加することにより何かお手伝いが出来たらと思っております。
このレースはコストが掛からずに楽しめるように
なるべくマシンの改造が過激にならないようにしなければならないと思うのです。
ただその反面ベース車両がそれに耐えうるか、
レースとして成立するだけのポテンシャルがあるのか?
それも気になったので自ら参加してみました。
その結果ほぼノーマルでも安全に楽しく高度なレースが出来る事がわかりました。
 
鈴鹿の東コースではコースレイアウト上Ninja250Rでは、
ほぼブレーキを掛けるところが無くアクセルワークとライン取り、
体のオフセットの仕方で旋回性を高めたり
トラクションをコントロールすることに専念出来るので
基礎的な技術が身に付きやすいのです。
 
実際に1000ccのSSに乗ってショートコースを走るよりNinja250Rの方がタイムが速かったり、
Ninja250Rに乗るようになってから大きいバイクでも
上達する人が最近の話では少なくないのです。
 
今後ネオスタンダードレースを始めたい方に参考になればと思い
下記にスペックと仕様を上げましたのでお役立て下さい。
 
また何かご不明な点があったら何なりとショップに問い合わせ下さい。
 
 
 
 
鈴鹿東コース コースレコード 1分1秒787
 
ライダー
鶴田竜二 
マシン
NINJA250R 
レース名
鈴鹿FUN&RUN!2-Wheels
NEO STANDARD(ネオスタンダード)クラス
開催日
2010-11-13
 
image2_l.jpg
変更点
タイヤ(BRIDGESTNE)(前後¥38,800工賃込み)
リヤスプリング (TRICKSTAR)(¥8,925)
マフラー (TRICKSTAR)
(焼きチタンカバー仕様¥99,800 or ステンカバー仕様¥89,800)
バックステップ (TRICKSTAR)(\60,900)
エンジンOIL (NUTEC)(RACE OIL NC-40 1L¥3,885 約1,5L使用)
チェーン (D.I.D)(ERV520)
ドリブンスプロケット42丁 (SUNSTAR)(¥7,800)
ハンドル (PENSKE)(¥21,000)
ハイスロットル (ACTIVE)(TYPE-3φ44 ¥11,550)
スイッチキット (ACTIVE)(TYPE-2 ¥6,090)
 
追加
フロントゼッケンプレート (TRICKSTAR)(¥7,350)
アンダーカウルトレイ (TRICKSTAR)(¥15,750)
チェーンガード (A-TEC)(¥4,725)
キャッチタンク (KITACO)(250ccワンウェイバルブ付き ¥1,890)
サブコンピューター(パワーコマンダー5)
(¥55,440、取付工賃¥8,400、セッティング料¥52,500)
 
*レギュレーション上必要な各部ワイヤーロック(工賃¥5,250)
 
エンジンは一度も降ろしてなく出荷時のまま使用
 
大事なポイント!
 
タイヤ
bt003street.jpg
タイヤの恩恵は大きいです。
今回
BRIDGESTNE BT003ストリート』(前後¥38,800-工賃込み)
前後装着したのだけど、
そのグリップ力と耐久性能には驚かされましたよ
タイヤウォーマーを使えない為初めはグリップ感がやや感じ難かったのですが
3周もするとその威力を発揮します
どこまで倒しこんでいいのか判らないぐらいグリップしライダーに安心感も十分伝わり、
決勝ではサイドスタンドの付け根が擦ってしまうくらい寝かせても大丈夫でした。
 
はじめて装着した方にはタイヤの構造上ケースがしっかりしているので
やや硬く感じる方もいると思いますが、
フロントタイヤを潰すかの様に積極的に
(頭の位置を低く前に持っていく)加重を掛けるとよりグリップする。
これホント超お勧め!まるでスリックタイヤかと錯覚するくらい!
 
リヤバネ
rsp.jpg
タイヤがグリップするのともともとリヤバネが軟らかいものが装着されているため、
サーキットを走るにはノーマルからバネを硬いものに交換する必要がある
今回我社『TRICKSTARリヤスプリング』(\8,925)を装着して
イニシャルも最強にしていきましたが、 私的にはもっと硬くしても良いぐらいでした。
 
※足回りのセッティングは単体の動きもさることながら本来前後の分布バランスが大事なのです。
  ですから、当社から出しているリヤバネに変えるだけで十分バランスが取れて動きも問題ないです。
(現コースレコードのタイムまでは)
  
  後付けサスペンションも良いのですが大抵の方がセッティングに迷ってしまいます。
 
  後付けサスに変更するにはまずは当社の設定のバネを装着し、
  そのバランスをベースにして覚えておき、
  その動きと前後の高さ(分布加重)を基準にしセッティングしていくことをお勧めします。
 
 
マフラー
Fullex.jpg
当社のマフラーはレースでパフォーマンスを発揮すると共に街乗りでも実用的に使え、
かつ楽しく走れるように
何度もテストを繰り返し開発しました
自信作『TRICKSTARフルエキゾースト』
(焼きチタンカバー仕様¥99,800 or ステンカバー仕様¥89,800)です。
グラフをみると中間で谷があるように見えますがそれはまったく気にならず、
むしろその先の高回転からが他を圧倒するパワーなので
このスタイルでリリースしております。
当社のマフラーに変えるだけで排気量が大きくなったように感じられ楽しくライドできますよ
 
オイル
eng-nc40.jpg
全日本や8耐でも使用している『NUTEC』
RACEOIL 
NC-40(5-30W)(1L \3,885 約1,5L使用)
このオイルはフリクションが少ないのだけど粘る(オイルを垂らすと糸を引くくらい)んですよ。
良いオイルだから成せるんですが
レースでのオイル量は下限のゲージまでにとどめて極力入れすぎないようにする
フリクションが少なくなるからパワーも上がるんですよ
 
チェーン
こちらもレース御用達の1品であるDIDチェーン(ERV520)です。
大幅なパワーアップは望めないのであとはとにかくフリクションを減らしたい
そうなると、このチェーンは大きく効くのです。
ノーマルと比べると全然違いますよ!
 
あとはポジションや外装関係なのでこれはお好みに合わせて選んでもらえばいいのですが
 
バックステップ
ステップ
4ポジションで幅広い方に対応できていて、
TRICKSTARレーシングでも採用している
『TRICKSTARバックステップ』(¥60,900)を使用しております。
ジュラルミン製でブラックアルマイト加工しております。
ハードなステップワークにも十分対応しています。
あとリペアパーツがボルト1本から注文できるのもお勧めです。
 
ハンドル
ノーマルポジションで初めてレースに出た時感じたのが全開時間が多い為、
伏せながらアクセルを全開にし続けると手首が痛くなったので、
もう少し低めで角度の付いた『PENSKE』のハンドル(¥21,000)を使用してます。
 
ハイスロットル
同じく全開にしている時間が長いので少しでも早く全開に出来るように
アクティブのハイスロットル(TYPE-3φ44 ¥11,550)
        スイッチキット (TYPE-2 ¥6,090)
を使用してます。
 
 
 
 
サブコンピューター
DYNOJETパワーコマンダー5(¥55,440、取付工賃¥8,400、セッティング料¥52,500)
絶対に必要ではないのですが、
あったら戦闘力は確実に上がるアイテムがサブコンピュータです。
マフラーで排気効率を上げている為、
吸気効率も上げたいので我社ではパワーコマンダーを使っております。
これで調整することによりトルクやパワーが向上し
パーシャルコントロール性やエンジンブレーキの効き方なども調整できるのです。
 
その他車検時に必要項目
カウリングはコストを軽減する為ノーマルをそのまま使っております。
レギュレーション上付けないといけないので
ゼッケン
TRICKSTARフロントゼッケンプレート(¥7,350)
トレイ
TRICKSTARアンダーカウルトレイ
(¥15,750)
キャッチタンク(¥1,890)チェーンガード(¥4,725)も装着してます。
あとドレンボルト類のワイヤーロック(工賃¥5,250)もしなければいけないです。

(つるりゅう)

| Ninja250、R 特設ページ | 22:44 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。