TRICK STAR NAGOYA

TRICK STAR(トリックスター) のお店

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

シリンダーヘッドのオ~バ~ホ~ル~

エンジン腰上のメンテナンス


こんにちは、コーリンデス。

今回、お客様から頂いたご依頼は、

「エンジン、シリンダーヘッドのオーバーホール」

マシンはカワサキ ZX-6Rです。


エンジンのオーバーホール時期やタイミングって
難しいですよね。

いつごろ?どのくらいで?何をどこまですれば良いの?

わからなくて当然だと思います。

エンジンに限っての話ではありませんが、
車種、乗り方、遊び方、街乗り、峠にサーキット。

それぞれ使い方でも違ってきます。

一番皆さん多いのは「音が大きくなってきた気がする」ですね。
これも間違いではありません。
常に声を聴いてあげるのは大切なことです

少しでも気になり、疑問に思ったら聞きに来てください。
現状でベストなアドバイスができると思います。


さて話を戻して、今回のシリンダーヘッドのオーバーホールですが、
まずは、燃焼室の色、焼け具合等をチェックして、綺麗にしま~す。

 DSC_0800.jpg


              


DSC_0802.jpg

取り外した、バルブもチェック。

DSC_0801.jpg


それぞれカーボンまみれというわけでもないですが、綺麗にしましょう。

走行距離の多い車両はカーボンがびっしり層になって、
バルブにはさまっていたりします。

これでは本来のパワーは出ませんね。

バルブのあたり面もスタンダードではベストとは言えません。
走行距離が増えるとあたり面も広くなってしまいます。
そこで、あたり面、あたり位置を変更するために、
「シートカット」を行っていきます。
1本1本・・・16本
根気のいる作業です・・・

DSC_0804.jpg 


DSC_0805.jpg 

「シートカット」
行うことで加速時のトルクが増します。
勿論、出力(馬力)が上がることも。

今回はシートカットもありますので、バルブは新品を用意。

DSC_0803.jpg

バリとり、面研、ポート研磨等も承ることはできますが、
今回はオーバーホールなので、行いません。

最後に、バルブクリアランスと
前回お話しした、バルブタイミングを確認し
終了です。

これだけのことですが、

シリンダーヘッドはエンジンの特性、出力を決める
大切な部分。

綺麗に掃除してあげるだけでもフィーリングは別物です。

あなたのエンジンはもったいないことになっていませんか?



| 隼日記♡ | 16:16 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。